REPORT

カデル・エバンス・グレートオーシャンロードレース

カデル・エバンス・グレートオーシャンロードレース

開催日:1月31日
開催国:オーストラリア
カテゴリー:UCI1.HC
距離:173km

 

KOISHI2

小石祐馬のレースレポート
結果:89位( +12:30)

2016シーズン最初のレース、今が夏でシーズン真っ盛りのオーストラリアで行われたワンデイレース。距離は170kmとそこまで長くはないので、調子のいいオーストラリアの選手たちはかなりハイペースでレースをすると予想された。

コースは最初、110kmの大周回を回り、その後、ジーロングの20kmの急坂を複数含む小周回を3周する。今回このチームになってから最初のレースだったので、色々と最初は周りを見ながら走ろうと思った。自分への指示はベルラートとともに序盤の逃げをチェックすること。スタートから常に前の方でチェックできる位置にいた。シーズン初戦もあってかかなりキツく感じる場面が多かったが、走ってるうちにスピードや位置取りにも順応していった。

スタートして25kmで最初のスプリントポイントがあったので、そこまでに決まるかその直後のどちらかだろうと思って最初のほうにかけて動いていた。結果的にスプリントポイントまでは集団で、その直後抜けだした4、5人が逃げた。ここに入りたかったが入れなかったので、その後クネゴを中心にチームで固まって動いた。100km地点にジーロングに向けて登りながら入るので、そこで後ろにいないように、常に20番手以内を守ってクネゴの指示を聞きながら動いた。最初の登りに入ると一気にペースアップして遅れそうになるが、前で登りに入ったことで集団中ほどで登りを終え、一旦スタート&フィニッシュを通過して小周回に入っていった。小周回に入るとさらに急な登りがあり、そこでペース上がり登りをこなすごとに余裕がなくなっていった。残り2周回のKOMポイントで集団がバラバラになって、そこからはグルペットでゴール。

シーズン最初のレースだったので序盤から思ったよりもキツく感じた。この後すぐにあるヘラルドサンツアーでは、調子ももっと上がっているはずなので頑張っていきたい。

 

12646664_576476409171151_40870169040981118_o 12513877_576476012504524_8128995685380363010_o